千代ヶ丘の家 現場監理②

2021.1.15

1/15 曇り

10時から千代ヶ丘の家の現場監理です。現場には監督の高橋さんのほかに、大工さん、基礎屋さん、電気屋さん、設備屋さんが作業中です。減築後の基礎が出来たので、建物の形がはっきり見えてきました。

持参した図面を元にさっそく高橋さん、各職方さんと打合せ。その後で、柱や梁の補強金物の検査です。図面通りに金物が取り付けられていることを確認しました。きっちり金物が取り付き、感覚的にも安心感がありました。12時半頃終了です。

サッシや断熱材、野縁など、使えるものは再利用しますが、右のサッシは今回入れ替えました。
一部、耐力壁の端部にはホールダウン金物を取り付けました。
柱の移動に伴い、厚さ9mmの鋼板で梁を補強しています。
こちらはリフォーム用の羽子板ボルト。梁の取り合い部の補強です。

当別町子育て世帯向け公営住宅整備事業 現場監理④

2021.1.13

12/2 晴れ

11時から現地で役場の担当者と打合せです。内装材の確認を行いました。午後は現地で育てる3帖間など木工事部分の社内検査。一部張り替えや補修を行うことになりました。

12/16 くもり

11時に現場へ。大工さんが床張り中です。残すは2住戸となりました。年内には床貼りが終わります。他に、サッシ屋さんがテラスの手すりの取付けを行っていました。午後の役場打合せがなくなったので、事務所で作業。14時半から現場で、電気屋さんとスイッチの納まりや照明の位置を確認しました。年内の現場監理はこれで終わりです。

だいぶ雪が積もってきました。
手すり取付けは零下の中の作業です。落雪時の変形に配慮して支柱ピッチを半分にしました。
内部は床貼りが進み、枠の塗装が進みました。室内は周囲の雪の反射光でかなり明るいです。

1/13 晴れ

午前中は事務所で社長と打合せをしてから、11時に現場へ。内装屋さんがクロス工事中でした。午後からは現場で役場担当者さんと進捗を確認しました。入居者募集などに配慮して、8住戸のうちの1戸を先行して完成させることになりました。

年末年始でかなり積もりました。
既存下地の状態はよくありません。パテを重ねたもののどこまで解消できるか。

高津の家 プロジェクトページの掲載 New Normalな暮らし展

2021.1.6

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

新型コロナウィルスの収束がいっこうに見えず、不安な日々が続いていますが、1日も早い収束を願いつつ、引き続き設計監理を行っていきます。

後藤組設計室 業務時間
月〜金 9時30分-16時30分
(土日は適宜)

自宅兼事務所の高津の家のお知らせです。

・プロジェクトページへ掲載しました。

高津の家 プロジェクトページ(後藤組設計室)


・『OZONEが考えるNew Normal な暮らし展』へ出展します。
昨春に引越した高津の家について、竣工写真を中心にパネルで展示します。コロナ禍で想定外のこともありましたが、仕事の時間、家族の時間を楽しく過ごしています。

OZONEが考えるNew Normal な暮らし展
日時:2021年 1/7(木)~2/2(火) 10:30~18:30(水曜日休館)
場所:新宿パークタワー 6F ロードサイドスクエア
入場料:無料

Category: 高津の家

SUVACO インタビュー記事が掲載されました。

2020.12.28

注文住宅とリノベーションの情報サイト「SUVACO」にインタビュー記事が掲載されました。

家づくりのプロに聞きたい「10のこと」

Category: そのた

千代ヶ丘の家 現場監理①

2020.12.23

千代ヶ丘の家(戸建て住宅の改修)、12月は解体工事が進みました。今回の改修工事は室内からの工事が主ですが、一部減築を伴うので、その部分は足場や養生シートも設置されています。現れた躯体を見ながら、金物による耐震補強や減築の方法など、監督さん、大工さんとも相談しながら検討していきます。


あらわになった架構。平成のはじめに大手メーカーで建てられた建物です。

軸組調査。梁せいや継手位置、建築金物の有無など確認して、伏図を描きます。

構造家の村田龍馬さんにも来てもらって、検討しました。
1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 114
ページトップへ