新篠津西の家 現場監理③ 建て方

2022.8.9

7/28-7/29

新篠津西の家(北海道 戸建て住宅 新築)の現場監理です。土台が敷かれた翌日から2日間、棟上げまで現場監理を行いました。監理では土台の敷設状況、架構や建築金物(建て方時に必要なもの)を確認。一部金物の不足があり、バタバタしましたが無事上棟できました。

棟上げ後。登り梁の間にはツーバイ材が303ピッチでかかります。
現しの柱と梁の取り合い。特注の両引きボルト、角座プレートで緊結しています。

8/8-8/9

朝から現場監理。前回からは登り梁や構造用合板がかかり、屋根下地まで施工されました。外壁や窓下地も造られました。空間が立ち上がってきてワクワクするタイミングなのですが、そういう時こそ見落としがないよう、より一層の緊張感を持って現場監理に臨んでいます。

この日は建築金物、屋根下地のルーフィングの所内検査です。指摘事項を是正してから先に進めます。8/9の夕方には検査機関による中間検査もパスしました。

ルーフィングが敷かれた大屋根。
建築金物は全数検査を行なっています。
窓からの風景(お施主さん撮影)

麦焼処 麦踏さんの訪問

2022.8.2

先日、麦焼処 麦踏さんを訪れました。神奈川県小田原市にある戸建て住宅を改修したパン屋さんです。オープンして4年半が経ち、名実ともに人気のベーカリーとなりました。

庭木の手入れも進み、ますます雰囲気のある佇まいになってきました。

訪れたのは定休日。店主の宮下さんに静かな店内を案内してもらいました。

コミュニティスペース。地域の作家さんの小物が展示、販売されてます。
売り場の吹き抜け。ヒノキの羽目板、躯体の梁とも馴染みつつあります。
新たに導入された電動の石臼。自身で育てた麦を挽いて粉に。実演してくれました。


前回の訪問からは平屋部分の屋根の葺替えがされてました。古い建物のため、躯体の修繕や設備の更新など、根気よく付き合っていかないとなりませんが、その一方で、自身で耕作放棄地を開墾し、小麦を育てたり、石臼を導入したりと好奇心も忘れない。宮下さんのその姿勢には感心しますし、刺激も受けます。

一昨年の夏に計画された建築学生サークルのDIYプロジェクトは新型コロナウィルスの影響などで残念ながら中止になりましたが、宮下さんには面白い構想があるようです。今後の展開も楽しみです。

麦焼処 麦踏さんのホームページ

府中の家 現場監理① 根切り底確認

2022.7.26

7/26 雨

府中の家(東京都 戸建て住宅 新築)の現場監理です。監理業務として基礎施工図や架構施工図は打合せやチェックは進めていますが、現場に来るのは建物配置の確認以来です。

この日は10時過ぎから根切り底の確認。形状やレベルが所定の寸法であることを確かめました。今週後半にはGRRシート工法という地盤改良を行い、基礎工事を進めていきます。

根切り底。
地鎮祭の時に頂いた鎮物(しずめもの)を据えました。
Category: 府中の家

鶴瀬の家 初回打合せ

2022.7.23

7/24 晴れ

埼玉県富士見市でマンションの改修プロジェクトが始まりました。築20年強のマンションの一室のリノベーションです。

きっかけは昨年、赴任先のドイツから頂いたメールでの問い合わせでした。お持ちのマンションが屋上階で見晴らし、風通しも良い反面、温熱環境が厳しく(特に夏の暑さが耐え難い)、断熱リノベーションを考えているとのこと。今年になって帰国され、家づくり相談、物件見学を経て設計を依頼されました。ちなみに今年の関東は、早々に梅雨が明け、6月末には猛暑日を記録。厳しい暑さが続いています。

現況のご自宅。

仮契約を交わし、ヒアリングと現地調査を行ってから、この日、初回プランを提案。気に入っていただけたようです。弊室では初の埼玉県のプロジェクト。じっくり取り組んでいきます。

提案時のラフスケッチと模型。
Category: 鶴瀬の家

新篠津西の家 現場監理② アンカーボルト検査

2022.7.13

7/13 曇り

この日は新篠津西の家(北海道 戸建て住宅 新築)の現場監理でした。8時から電気打合せ、9時から設備打合せです。お施主さんにも来てもらい、一緒にルートや仕様を確認しました。終了後、アンカーボルト、ホールダウン金物の検査を行いました。全数検査で、施工図の通りに金物が入っていることを確認しました。

13時からは布基礎の立ち上がりコンクリートを打設。2時間ほどかけて10㎥強です。今月末の建て方に向けて順調に進んでいます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 127
ページトップへ