ハニカムサーモスクリーン リフォーム産業新聞web版掲載

2021.7.8

これまでの多くのプロジェクトで採用してきたハニカムサーモスクリーンが、リフォーム産業新聞web版で弊室の「推し建材」ということで紹介されています。こちらからご覧ください。

せっかくの機会なので、ブログでもちらっと紹介します。

ハニカムサーモスクリーン(北参道の家)


弊室では武蔵境の家(2017年竣工)以来採用している断熱スクリーンで、新築・改修問わず採用してきました。目隠し機能の他、ハニカムが2重になっているため開口部の断熱補強に効果的です。また、スクリーンを閉めた時に室内がぼんやりと明るくなる様子もいい感じです。現在計画中のプロジェクトでも採用します。

武蔵境の家(戸建て住宅の改修)
アルミサッシ単板ガラスの断熱補強です。


高津の家(戸建て住宅の新築)
スクリーンを介して光が広がります。

Category: そのた

流山の家 工事契約

2021.7.2

見積調整を進めていた流山の家ですが、工事内容がまとまり、先日工事契約を取り交わしました。現在は建築確認申請を進めているところです。今月中旬からの着工を目指しています。

お施主さんのご自宅で、契約が取り交わされました。

Category: 流山の家

プロジェクトページの更新。

2021.7.1

5月に竣工した千代ヶ丘の家をプロジェクトページへ掲載しました。

千代ヶ丘の家

COCOTTO リフォーム産業新聞web版掲載

2021.6.30

当別町子育て世帯向け公共賃貸住宅COCOTTOがリフォーム産業新聞web版に掲載されました。なお、全文を読むには会員登録が必要とのことです。

こちらからご覧ください。

碑文谷の家 内部解体調査

2021.6.17

碑文谷の家(東京都目黒区 木造戸建て住宅 改修工事)は6月上旬、内部解体工事が行われました。1週間ほどかけて、ひととおり終わったと監督さんから連絡があり、実測調査を行いました。

目視で基礎と軸組と調査しましたが、思ったよりも躯体はしっかりしていました。ただ、筋かい位置が想定と違っていたり、傷んでいる箇所もあったので、それを踏まえてどう改修設計を行うか、今後検討していきます。

1F躯体の状況。
小屋裏。雨漏りの跡などは見られませんでした。
Category: 碑文谷の家
1 2 3 4 5 6 7 8 9 114
ページトップへ