千代ヶ丘の家 実施設計打合せ(オンライン)

2020.8.15

8/15 晴れ(猛暑日)

10時から千代ヶ丘の家(木造2階建て 改修)の実施設計打合せです。仕様と建具をひととおり確認するのに、図面とスケッチを元に、ZOOMを使ってオンラインで行ないました。仕上げ材の質感や肌触りは次回のキッチン打合せの時に、サンプルで確認します。9月中旬の工務店への見積り依頼を見据えて、実施設計打合せを行なっていきます。

千代ヶ丘の家は2~3週間に一度のペースで打合せを行なっています。お施主さんとは初回に家づくり相談と見学を兼ねて高津の家で会ってからは、PC越しに会っていることになります。これまでのところ、オンラインでの不便さは特になく、事前に打合せ資料を共有したり、移動時間を節約できたりとメリットを感じられることが多くあります。

1階居間のスケッチパース。


ちなみに、今回の改修では長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助金を使えないか検討中です。弊室として、新築での長期優良住宅の認定は経験がありますが、改修は新築で取得するよりも難しそうな印象を受けました。設計と並行してこちらも調べていきます。

令和2年度 長期優良住宅化リフォーム推進事業 交付申請手続き等のHP

当別町子育て世帯向け公営住宅 改修工事 打合せ

2020.8.7

8/6 曇り

打合せで当別町へ。今回は「子育て世帯向け公営住宅 改修工事」の当別町の要望の再確認と施工上の課題の整理が目的です。一ヶ月前にプロポーザルの結果が出てから、先月下旬に見積り合わせ、月末に契約が行なわれました。設計は9月上旬、工事は来年3月末の完成を目安に進めていきます。

羽田空港経由で北海道へ。GO TO キャンペーンも行なわれていますが、さすがにこの状況では空港、機内とも空いていました。観光客はまばらで、8割くらいはビジネス客だったように思います。札幌駅で乗り換えて、昼前に石狩当別駅に到着。

実家で昼食を食べて、事務所に寄ってから、14時過ぎに現地へ。住戸内部は一部解体が行われています。さっそく大工さんたちと打合せ。後藤組のいつものメンバーです。途中からは社長も加わって、大工工事の納まりについて4人で話し合い。コストがかなりシビアなので、既存をなるべく生かすように考えながら、進めなければなりません。

改修前。昭和63年に建てられた3LDKの公営住宅です。
こちらは部分解体の進んでいる住戸。壁式RC造のため、壊せる範囲は限定的です。

16時からは当別町役場に移動。建設課との打合せ。てっきり担当者と1対1の打合せかと思ってましたが、建設課からは4名が参加。前日にこちらから送った資料もよくチェックされており、担当者の熱意が伝わってきます。詳細は省きますが、コストとの折り合いを付けながらいかに良くするか、フランクに議論ができたように思います。19時過ぎ解散。

別件を終えた社長も後半から参加。

8/7 曇り時々雨

翌日、午前中は社長と一緒に現場で各業者さんとの打合せ。設備屋さん、塗装屋さん、電気屋さんの順に、1時間を目安に昼過ぎまで検討しました。それぞれの打合せで設計コンセプトを伝えてから、施工上の課題を共有。その場で解決出来た課題もありましたが、宿題も少なからず出ました。

午後は昨夜の課題を社長と現場で整理をしてから、引き続き、役場の担当者と打合せを行ないました。16時過ぎの電車に乗って、新千歳空港へ。19時過ぎの便で羽田空港を経由して、高津の家に戻ったのは22時頃でした。それぞれ駆け足になりましたが、濃い打合せが出来たように思います。

立川の家 建主さんからの電話

2020.7.30

昨年末に竣工引渡しをした立川の家の建主さんから、今週のはじめに電話をいただきました。特に用事はなかったそうですが、お互いの近況報告を兼ねての四方山話になりました。家のことも聞けたので、少し紹介します。

コロナ禍で在宅の時間が増えたようですが、心地よく過ごせているそう。特に、庭の樹々が育ってきて「家と庭の一体感」が感じられるのが気に入っているとのこと。新緑から梅雨の季節にかけて、体感的には過ごしにくくなりますが、庭木が元気になってくることで視覚的な心地よさが生まれているようです。

ちなみに、時々聞かれるのですが、庭に面した居間や書斎の開口部は木製建具とガラスです。隠し框として温熱性能を保ちながら室内-テラス-庭の連なりを損ねないような納まりとしています。外部には外付けブラインドを設置し、プライバシーや防犯にも配慮しました。

庭木の手入れも楽しんでされているそうで、この状況がもう少し落ち着いたら、お邪魔したいと建主さんには伝えました。

電話の後、メールで送ってもらった庭木の写真。山野草が中心です。造園は風(ふわり)さん。

立川の家

風(ふわり)

Category: 立川の家

夏期休暇、業務時間、作品集の更新についてのお知らせ

2020.7.25

後藤組設計室は8/13(木)から8/16(日)まで夏期休暇をいただきます。お休み中のお問い合わせはメールにてお願いします。

なお、コロナウィルス感染拡大防止の観点から業務時間を短縮してきましたが、依然として首都圏では予断を許さない状況が続いていることを踏まえ、8月以降も7月と同様の短縮時間で設計活動を行なっていきます。ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

後藤組設計室 業務時間
月〜金 9時30分-16時30分
(土日は適宜)

それと後藤組設計室の事務所案内+作品集を作り直しました。A4版40ページです。興味のある方はお声がけ下さい。

これまでは見開き2ページで各プロジェクトを紹介していましたが、写真を大きくし、見やすくなるように構成を変えています。
Category: そのた

二子玉川の家 現場調査

2020.7.18

7/18 雨

午前中、二子玉川の家の現場調査でした。友伸建設の社長さん、監督さんらと一緒に行ってきました。

二子玉川の家は今から7年前、後藤組設計室としてはじめて行なった、マンションのフルリノベーションでした。建て主さんから連絡があり、小学校に入学したお子さんの成長に合わせて、部分的に部屋を区切りたいとのこと。2月頃に相談いただいてましたが、コロナウィルス感染拡大のこともあり、時期を見計らっていました。ちなみに、こうした家族の変化に応じて間取りを「育てる」というのは、先日の当別子育て世帯向け公営住宅整備事業でもコンセプトの1つにしています。

当時、将来の間取り変更まで考えて設計していたので、問題なく改修出来そうです。

二子玉川の家


今回のプロジェクト、工事自体は大工+建具工事と小さいのですが、昔のクライアントに再度声をかけてもらえるのはありがたいです。着工はお子さんの夏休みの関係でまだ先ですが、今回も丁寧な仕事が出来れば、と思っています。

1 2 3 4 5 6 7 104
ページトップへ