流山の家 現場監理①

2021.7.24

7/24 晴れ 暑い

7月中旬から着工している流山の家(千葉県 戸建て住宅)ですが、この日は14時から現場監理でした。

現場は地盤改良のための杭工事が終わり、砕石敷きが行われていました。杭はピュアパイル工法というセメントミルクによる現場施工杭です。直径20cm、長さ7mのものを30本です。

監督の吉田さん、職人さんともこの後の基礎工事について、いくつか打合せを行ってから事務所に戻りました。次の現場監理は配筋検査です。

砕石が敷かれ、転圧されています。この上に捨コンが敷かれ、ベタ基礎が作られます。
Category: 流山の家

流山の家 地鎮祭

2021.7.11

7/11 晴れ

午前中、流山の家の地鎮祭でした。梅雨時期ですが、よく晴れて暑いくらいの天気。お施主さんとご家族、工務店のかしの木建設、設計は私と共同設計の吉川さんの合計12人で工事の無事を祈りました。

来週からの着工に備えて、地縄も確認しました。

Category: 流山の家

ハニカムサーモスクリーン リフォーム産業新聞web版掲載

2021.7.8

これまでの多くのプロジェクトで採用してきたハニカムサーモスクリーンが、リフォーム産業新聞web版で弊室の「推し建材」ということで紹介されています。こちらからご覧ください。

せっかくの機会なので、ブログでもちらっと紹介します。

ハニカムサーモスクリーン(北参道の家)


弊室では武蔵境の家(2017年竣工)以来採用している断熱スクリーンで、新築・改修問わず採用してきました。目隠し機能の他、ハニカムが2重になっているため開口部の断熱補強に効果的です。また、スクリーンを閉めた時に室内がぼんやりと明るくなる様子もいい感じです。現在計画中のプロジェクトでも採用します。

武蔵境の家(戸建て住宅の改修)
アルミサッシ単板ガラスの断熱補強です。


高津の家(戸建て住宅の新築)
スクリーンを介して光が広がります。

Category: そのた

流山の家 工事契約

2021.7.2

見積調整を進めていた流山の家ですが、工事内容がまとまり、先日工事契約を取り交わしました。現在は建築確認申請を進めているところです。今月中旬からの着工を目指しています。

お施主さんのご自宅で、契約が取り交わされました。

Category: 流山の家

プロジェクトページの更新。

2021.7.1

5月に竣工した千代ヶ丘の家をプロジェクトページへ掲載しました。

千代ヶ丘の家
1 2 3 4 5 6 112
ページトップへ