現場定例@伊豆大島

2011.4.8

4/7 晴れ あたたかい

調布の建具屋さんの採寸と現場定例を兼ねてボスと3人で現場へ。
現場では建具の採寸と枠の納まり確認。
2Fテラスの防水工事も進んでいる。

昼はいつものお店が休みだったため、となりの「かあちゃん」で。
写真は水槽脇に置いてあった地松。ゴロン。
今回の玄関でも大島の地松を使う予定。
どんな表情になるのか楽しみ。

午後も一通り打合せをして、飛行機でもどる。

打合せ@御徒町

2011.4.2

3/31 晴れ

朝から御徒町の住宅の現地で打合せ。
解体の段取り等について、お施主さんと工務店と打合せ。
4月下旬解体で初秋着工の予定。

お昼はお施主さんにウナギをいただく。
脂がのってふっくらしてとってもうまい。
ゴトウのウナギ史上第1位。

現場から近いのでまた行こう。楽しみが増えた。

Category: 御徒町の家

現場定例@柏

2011.3.31

3/23 曇り 寒い

震災もあって2週間ぶりの柏の現場。
建具、家具について打合せ。
外壁の焼杉貼作業とともに、雨戸のための小庇を取り付けている。
今回の地震時、大工さんは2Fの軒天を貼っていたらしい。
揺れを感じて、すぐに途中まで降りたようだが、降りきれないと判断して、足場から隣の庭に飛び降りたらしい。
無事で何より。

3/30 晴れ

外壁の焼き杉はほぼ完了。
出隅部の焼杉の役物も取付いている。
これはバーナーをつかって現場焼き付けしたもの。大工さんの提案。

ちなみに伊豆大島の焼杉の外壁とは納め方が違っています。

Category: 柏の家

明日からの仕事

2011.3.21

3/21  雨 寒い

震災から10日経っての雑感。

流行語のように使われている、自分に何が出来るだろう、て言葉が好きだ。
それは、「これから」のことを考えているし、目にしても、聞いても、考えても前向きになるから。

こういう時こそ、ポジティブでいられるように、自分をコントロールしたい。
建設的でない批判や愚痴は本人の自己満足にこそなるけれど、誰のためにもならない。
自分も気を付けないと。

さて、震災時に、友人からメールやSkypeなどで連絡をもらった。その中からいくつか。

「テレビで被害状況見ていたら心配や」

「地震大丈夫?ケガとかしてない?」
 
「元気でなによりです。是非頑張って下さい。韓国人みんな日本を応援しています」

「テレビで地震の報道を見ました。大丈夫ですか?少し心配しています。無事を祈っています」とか。

最後のはやや惜しい(笑)

これまでひとの心配なんてしたって/されたって、そんなに意味ないじゃん・・・、と思っていたが、
どの言葉にもとてもホッとさせてもらった。
ピンチになったときこそ、人の言葉は温かいし、こんな温かい連鎖でひとが繋がっていけば、これからポジティブな社会をつくれると思う。

一級の免許も交付されたことだし、明日からの仕事も一歩一歩前向きににすすめていこう。

Category: そのた

現場定例@伊豆大島

2011.3.20

3/18 快晴 富士山見える

震災の影響があって、柏も御徒町も打合せがパスになったが、
伊豆大島は現場が何事もなかったかのように進んでいる。
たしか、3/12の朝にも棟梁と枠の話をしたような。(笑)

今日は飛行機で移動。
震災後の計画停電で電車のダイヤが乱れるものの、調布空港からの飛行機は通常営業。
意外とあっさり大島へ。

午前中、棟梁、設備屋さんと打合せを行う。
現場は、床材をあらかた貼り終わり、続いて天井工事、壁工事へ移行。
進みっぷりが心強い。心配なのは物資の流通だけ。
昼食後、お施主さんも合流して、建具などの打合せ。
帰りも調布空港を利用して、そのまま帰宅。

写真は玄関上がり框に使う大島産の桑。

1 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97
ページトップへ