「そのた」の記事一覧

結婚式@名古屋

2015.10.10

10/10 曇り

9時頃に二子新地の家を出発。妻と新横浜経由で名古屋へ。
名古屋駅に到着後、駅前のビジネスホテルにチェックイン。
1時間ほど休憩してから、歩いて結婚式の会場の河文へ移動。
大学の友人の結婚式。研究室の友人たちも既に来ている。

上の写真のようにコの字に囲まれた屋外の舞台で、
生演奏の琴の音が響く中での、人前式が行われた。
水盤と柳の使い方が斬新。当然、雨が降れば室内に変更だろうが、
この屋外を選んだ2人の大胆さに感心した。天気がもってよかった。

披露宴は隣接した水鏡の間(上の写真の左側)で行われたが、
ここはホテルオークラの設計などで有名な谷口吉郎氏の設計。
素敵な披露宴で美味しい和食をいただいていたが、
サプライズで振られて気の利いた一言が言えず、あえなく撃沈。

途中、同じテーブルの友人から、
後藤組設計室のHPやブログの内容について指摘される。
言いにくいことをハッキリ言ってくれたことに頭が下がる。
披露宴は19時過ぎに終了。そのまま関西に戻る友人たちと分かれ、ホテルへ。
近場で飲み直そうと思うも、そのまま寝てしまう。

10/11 曇り

8時過ぎにホテルを出発。
名古屋駅のロッカーに荷物を預けてから観光へ。
栄の周りで2件モーニングをハシゴしてから、
明治村行きのバスに乗る。およそ1時間で到着。

3連休の中日ということもあってか、園内は賑やか。
自分たちのように建物目当ての人もいるだろうが、
それ以上にペンを片手に、イベントに参加している人たちも多くいる。

12時から3時間、ほぼ休まずに見て回る。
明治時代という西洋文化の導入期のせいか、建物自体には不思議な点が散見された。
ただし、どれもよく配置が考えられていて(東側の入鹿池や地形の高低差の利用)、
園内を歩きながら見る外観も、建物の中からの風景も移築とは思えない程しっくりくる。
大きく育った樹木もしっかり手入れされているのだろう。
総じて、建物を大切に保存している様子が窺え、好感が持てた。いつかまた再訪したい。


聖ヨハネ教会堂(京都 設計:J.M.ガーディナー)
:木の架構の見応え有り。小高い場所にあり、アプローチも楽しめた。


学習院長官舎(東京 設計:不明)
:回遊出来る独特の間取りで、縁側に面した広間。
北側の出窓はキッチン。中に入るタイミングが合わず、外からのみ見学。


呉服座(くれはざ)(大阪 設計:不明)
:いわゆる芝居小屋。ガイドツアーに参加して、客席や舞台だけでなく、
奈落(廻り舞台の下や花道の下)なども見学。


帝国ホテル中央玄関(東京 設計:F.L.ライト)
:噂通りの気持ちのよい空間。玄関ロビーのみの移築だが見応えは十分。
柔らかい大谷石の内装とそこから漏れる光に囲まれた、回遊できる空間は居心地がよい。
2Fの喫茶室休憩したかったが、長蛇の列で断念。
ちなみに、移築のために構造はRC造からSRC造に変更、
外壁のタイルや石は一部PC版による再現(様式保存)とのこと。
(『帝国ホテル復元記(西尾雅敏著 2010年発行)』)

15時発のバスで名古屋駅へ。
構内で遅めの昼食をとって、新幹線で二子新地に戻る。

Category: そのた

打合せ@舞鶴

2015.10.7

10/6 晴れ

午前中、新千歳空港から神戸空港へ。
神戸空港は10年ぶり。そのまま電車を乗り継ぎ、京都へ。
四条寺町のホテルに荷物を置いて、阪急で西向日へ向かう。

理美容室GAAFへ。
ここは大学生と社会人のとき、7年間お世話になった安井さんのお店。
ちょうど安井さんの修業時代にカットモデルをした縁で、
京都にいるときにはずっと散髪してもらっていた。
改装で店内の雰囲気は変わったが、昔のままの安井さんで、
近況を話しつつ、楽しく散髪してもらった。
安井さんのブログに懐かしい写真が出てます。

夜、市内に戻り、研究室の先輩の前田さんや同期の政木くんと川端御池で夕食。
前田さんは大学の仕事や研究の傍ら、スリランカの長屋プロジェクトで、
ストイックな生活を続けているようで、
博士論文執筆中の政木君も、今の住まいが新聞の取材されたと言っていた。
木屋町でもう1件ハシゴして、24時頃に解散。

10/7 晴れ

7時過ぎにホテルをチェックアウト。
昼まであまり時間もなかったので、近場を散策することにして、
バスで百万遍まで移動。京大の農学部グランドへ。
昔と変わらず、ラクロス部が練習していたが、
建て替えられた部室やグランドにも全面に芝が敷かれ、すっかり様変わりしている。

そのまま進々堂へ。
ここは昔と変わらずの落ち着いた空間で、ゆっくり朝食をとる。

12時半頃に京都駅出発の特急電車で西舞鶴へ。14時前に到着。
駅で大滝工務店の大滝社長と合流。
敷地を見てから、大滝工務店の本社へ移動して打合せ。

打合せ後はホテルに戻り、事務作業と部屋の実測等。
18時過ぎに再度大滝社長と合流。ご自宅で夕飯をご馳走になる。
家づくり、まちづくり、会社づくりから、夢の話まで
昨日とはまた違った刺激を受ける。22時頃解散。
奥さんにホテルまで車で送ってもらう。

10/8 晴れ

6時半起床。朝食を食べて、8時過ぎチェックアウト。
歩いて大滝工務店へ。昨日に引続き、9時から打合せを1時間ほど行う。
大滝社長と車で京都駅まで移動。お礼を言って別れて、
夕方まで市内を観光をすることに。

詩仙堂、 曼殊院と見て回る。
これまでに見たことのなかった八窓軒の茶室を見られたのが収穫。
聞いてはいたが、道にもバスの中にも外国人が多くて驚いた。

18時過ぎの新幹線で帰京。新横浜経由で二子新地に戻ったのは21時過ぎ。

Category: そのた

昭和趣味じまんの広場【出展者募集】

2015.10.1

告知です。
清水アートクラフトフェアに出展した団塊本舗しずおか等が企画運営する
昭和趣味じまんの広場の出展者募集のご案内です。

平成27年11月14日(土)10時~21時
@JR清水駅東口駐車場広場

それぞれ自慢の品々を展示し、お互いの趣味を、楽しみ方を自慢しあいましょう。
仮にハードはなくなってもそれを趣味として楽しむ心は今も昔も普遍だと確信し、
楽しみ方の極意を次の世代に伝えていこうではありませんか!(HPより抜粋)
※趣味じまん部門以外にも、パフォーマンス部門や地産地消部門などもあります。

公式ホームページはコチラです。

応募書類は10/13(火)必着です。締切り直前ですので、ご注意ください。

Category: そのた

見学@ホテルオークラ

2015.8.20

8/20 雨

午前中は二子新地の家で作業。

14時から清澄白河の東京都現代美術館で行われている
オスカーニーマイヤー展を見学。展覧会の会場構成はSANAAが担当。
彼のスケッチやアウヴォラーダ宮の1/2の柱の模型など目をひかれたが、
最後にあった1/30のイビラプエラ公園の模型は中でも圧巻だった。
航空写真が絨毯に印刷されていて、その中を歩くという初めての体験。
ゆっくり楽しむ。

メトロで虎ノ門へ移動。
16時半から今月末で建替え工事に入るホテルオークラの見学。
半世紀前の1962年に建てられた建築で設計は谷口吉郎など。
はじめて入ったが噂通りの落ち着いた、居心地のよいロビー。
天井が高い空間でありながらも、雪見障子越しの緑をつかって、
重心を下げたこともその一因だろう。
ロビーの装飾には若干の疑問も生まれたが、素晴らしい空間には間違いない。
1度は泊まるべきだったと軽く後悔。平日にも関わらず、
自分も含めて、カメラ片手の見学客が多くいた。

レストランで休憩を、と思ったが、
ここもまた混雑していたので、断念して二子新地に戻る。

Category: そのた

打合せ@日立→観光@水戸

2015.8.3

8/3 晴れ

10時半過ぎ、東京駅でmonowa中嶋さんと合流して
特急日立で常陸多賀へ。

13時からクライアントである工務店で、
分譲住宅の基本計画の打合せ。
一部、再度調整が必要だが、配置等の計画の大枠は決まる。
1時間程度で終了。

駅で中嶋さんと別れ、水戸へ向かう。
15時過ぎに、水戸駅に到着。

駅近くのホテルに荷物を置いて、メールをチェックしてから出かける。
バスで偕楽園へ。閉館の17時ギリギリまで好文亭を見学。
高台に立っているので、千波湖がよく見える。

下の写真は板敷きの大広間で、障子の間から庭の緑がみえる。
ちなみに、雨戸は全部で160枚で毎日開閉しているとのこと。
雨戸あってのこの光景であることを実感。床は黒漆塗り。
写真ではパキッとする印象だが、実際は柔らかくてよい感じだった。

外壁と分からないように竹を貼付けた通風用の窓。

18時過ぎにホテル戻り、シャワーを浴びてから
夕食に出かける。近場にあった、もつ焼の店へ。
ちょうど自分の隣に座った某自転車メーカーの方と飲む。
東北地方に出張で来ているらしく、MTBの話で盛り上がる。
23時頃、ホテルへ戻る。

8/4 曇り

翌日も水戸観光。7時起床。

ホテルで朝食を食べて、9時頃弘道館へ。
徳川斉昭が建てた学校で、水戸学の発祥地らしい。
無骨な印象の構造体で、天井高などは不思議なプロポーションの独特の建物だった。

ほか、展示されていた当時の教科書も興味深かった。
中でも図学は、ほぼ漢文の縦書きのテキストはほとんど読めなかったが、
図から判断するには高度なことをしているようだ。

弘道館を見終わってからは、旧水戸城跡を大量に汗をかきつつ散策。
いまは、すっかり学校施設になっていて、
当時の様子は門から想像するのみ。

バスで移動して、昼前に水戸芸術館に立ち寄る。池のある広場で
子どもたちがじゃぶじゃぶと気持ち良さそうにはしゃいでいた。
時間もなかったので、展示はパスして、ざっと見て回ることに。

水戸のソウルフード(?)、スタミナ冷やしを食べに、松喜吉へ。
冷たい麺の上にたくさんの具材が入った甘辛いタレがかかっていて美味しい。

預かってもらっていた荷物をホテルで受け取り、
16時発のバスで水戸を後にし、茨城空港へ。
19時の便で新千歳空港へ向かう。

Category: そのた
1 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 20
ページトップへ