「2019年12月」の記事一覧

姉ヶ崎の家 「住まいの環境デザインアワード2020」で特別賞を受賞、「渡辺篤史の建もの探訪」で紹介されます。

2019.12.23

年の瀬に嬉しい出来事が2つありました。


昨年竣工した姉ヶ崎の家がリビングデザインセンターOZONE 主催の「住まいの環境デザインアワード2020」で特別賞(一般財団法人ベターリビング ブルー&グリーン賞)を受賞しました。2020年2月3日に、表彰式やシンポジウムが開催されます。受賞作品もパネル展示もされるそうです。私も出席します。

住まいの環境デザインアワード2020



もう1つは同じく姉ヶ崎の家がテレビ朝日のご長寿番組「渡辺篤史の建もの探訪」で紹介されることになりました。取材は年内に行われ、監督さんと一緒に撮影を覗いてきました。放送日が決まりましたのでお知らせします。

渡辺篤史の建もの探訪 
関東圏<テレビ朝日> 2020年2月15日(土) 4時半〜
衛星放送<BS朝日> 2020年3月23日(日) 8時半〜
(北海道や静岡など一部の県では地上波放送がないようなのでこちらでお願いします)

取材日の写真です。渡辺さんと取材スタッフ5人で来られてました。
渡辺さんはテレビで見たままの印象の素敵な方でした。番組は今年で30年目だそうです。

どちらも建主さんをはじめ、関わっていただいたみなさんのおかげです。ありがとうございます。

姉ヶ崎の家(後藤組設計室)

Category: 姉ケ崎の家

立川の家 現場監理⑩ 設計検査、施主検査、完了検査

2019.12.5

11/26 くもり

14時から立川の家の設計検査です。予定より早く着いたため、13時半から監督の高橋さんとスタート。

アプローチや玄関土間はまだ工事中だったので、それ以外について建物の内外と点検口の中も確認するなどして検査を実施。火災報知器の取り付けがまだなのと一部開き戸とスイッチプレートが干渉する箇所があったので、微調整をしてもらうことに。ほかは問題なかったため、帰りの電車でお施主さんに報告しました。

玄関土間。モルタル豆砂利洗い出し仕上げのための下地づくり。


こちらは玄関ポーチの下地づくり。

12/2 雨

10時過ぎに現場到着。アプローチの飛び石が敷かれました。

すでに監督さん、お施主さんは着いていて、遅刻のお詫びしてから施主検査を始めました。指摘事項は特に無し。お施主さんから窓周りにブラインドを追加したいとリクエストがあったので、引渡しまでに取り付けてもらうことになりました。私は設計検査時の手直し箇所の修正を1つずつ確認。火災報知器も取り付きました。

引渡し前ですが、インターネット回線工事やガスの開栓工事も行われました。


施主検査の様子。

12/5 晴れ

14時前から確認審査機関による完了検査とフラット35竣工検査の立ち会いでした。はじめに敷地内の寸法測定からスタート。旗竿地のため通路幅が2m以上あることや建物高さが図面通りであることをレーザー距離計で測っていました。室内では火災報知器や24時間換気の確認など。30分ほどで終了しました。

Category: 立川の家
ページトップへ