当別町子育て世帯向け公営住宅整備事業 現場監理③

2020.11.17

当別町子育て世帯向け公営住宅の現場は順調に進んでいます。北海道、関東ともに新型コロナウィルスの感染状況が気がかりな状況なので、毎回特に寄り道はせず、日帰りでの現場監理を行っています。


11/5 晴れ

11時半から現場監理です。外部は屋根、外壁まで下地補修と塗装が完了。ステンレスのサインも取り付きました。内部では大工工事が進められ、育てる3帖間の造作工事や天井の石こうボード貼が行われています。外部では物置のサッシの調整中。テラスの腰壁に既存パタンに揃えた吹き付け塗装が行われていました。

足場がある現場監理は今回が最後。サッシ周りの美装後に、足場を撤去することになりました。

午後も引き続き現場監理です。13時半から役場担当者さんが3人で来られて、屋根と外壁の検定でした。無事合格です。その後で定例打合せや大工さんと育てる3帖間を中心に打合せを行いました。一部、電気配線のルートを変更。16時頃、役場へ。12月号の町広報の取材を受けました。

屋根の検定風景。風が強い中、屋根と足場から補修箇所を確認しました。

11/17  晴れ

昼から現場監理です。足場が外れました。先週末に降った雪があちこちに残っていますが、積雪前に足場を撤去できたので、まずはよかったです。現場は大工さん、設備屋さん、塗装屋さんが入って作業中でした。

13時過ぎから現地へ。少し大工打合せをしてから、役場の担当者、広報担当が来て打合せと現場風景の写真撮影。15時頃には電気屋さんが来て、高所作業車で外部のスポットライトを取り付け。16時半頃、周りが暗くなってから首の微調整を行ないました。

足場が外れ、すっきりした外観が現れました。写真奥の建物と比べると色の違いが分かります。

コンセプトの1つである「育てる3帖間」。ここはベッドとデスクが設えられます。
全8戸のうち、6戸目の造作工事が行われています。年内に大工工事を終わらせる予定です。
ページトップへ