「神楽坂の家」の記事一覧

神楽坂の家 引渡しとオープンハウス

2018.10.21

10/20 晴れ

神楽坂の家の引渡し。8時半、現地到着です。

琉球畳が入り、既存の障子も張り替えられました。分かりづらいですが、
写真左の窓にはハニカムスクリーンが設置されています。


先日のチェック項目の確認を行い、9時から引渡しとなりました。
すでに取り扱い説明は終わっているので、それほど時間はかかりませんでした。

そのまま施主塗装。マスキングテープで養生をして、床全体にやすりがけを行ってから
オスモのフロアクリアラピッドを塗装。壁際や家具と床との取り合いは、
刷毛で行い、床面は専用の平刷毛で行いました。


ちょうど引渡しの挨拶に来られた友伸建設の社長さんも少し参加。

1度目の塗装後、下階に住まわれている親御さんに昼食をご馳走になりした。
乾き具合を見てから、二子新地に戻りました。

10/21 秋晴れ

9時、神楽坂の家に到着。床がいい感じで仕上がっていて、
養生も剥がされています。聞けば、昨日私が帰った後、
結構時間をかけて2度目の床塗装をされたとのことでした。

オープンハウスの開始まで時間があったので、室内写真や記念写真の撮影。
10時からのオープンハウスは盛況でした。


クライアントの他、友人、設計仲間、建築士会の知人やお施主さんのご家族など
20人くらいだったでしょうか。


秋晴れで、ビルの間からスカイツリーがクッキリ見えたのもラッキーでした。

14時に終了。施主夫妻にお礼を言って、二子新地に戻りました。

Category: 神楽坂の家

神楽坂の家 現場監理⑥

2018.10.16

10/13 くもり

13時から神楽坂の家の現場監理です。少し早く着いて、
監督の高橋さんとひととおり見て回りました。すでに床の養生が外れていて、
キッチン工事、機器の取り付けや塗装を残してだいぶ仕上がってきました。

少しして施主夫妻が到着。造作・家具工事の開き勝手などを確認です。
吊り戸棚の納まりで気になるころがあり、手直しを依頼しました。

14時過ぎに終了。施主夫妻とタクシーで神保町の平安工房さんへ。
ダイニング家具の打合せを店長の外村さんと行いました。


ダイニングテーブルはラウンド型。高さ69cm、直径1.1mのナラのテーブルとすることに。


ダイニングチェアは夫婦でそれぞれ別々のものをひとまず1脚ずつ注文。
今後住みながら1脚ずつ増やしていくそうです。写真は貼地の検討です。16時頃終了。

10/16 晴れ

9時から神楽坂の家の施主検査です。養生が外れて設備屋さんが器具付けを行っています。


写真左側、照明などの段ボールが置かれている箇所には琉球畳が入ります。

施主夫妻、監督の高橋さんともお揃いですぐにさっそく施主検査スタート。
4人で一周して見て回り、未施工部分や気になる箇所をチェックリストに書いていきます。


10時からは部屋の中央にあるキッチンの取り扱い説明。担当の東島さんが来て
レンジフードや食洗機の使い方、ステンレス天板の手入れの仕方を夫妻に丁寧に説明されてました。

家具のことなどを話して、11時頃解散となりました。

Category: 神楽坂の家

神楽坂の家 オープンハウスのご案内

2018.10.6

後藤組設計室で設計監理を行ってきた神楽坂の家がまもなく竣工、引渡しを迎え、
お施主さんのご厚意によりオープンハウスを開催いたします。

ビルの最上階のワンフロア(約62㎡)のフルリノベーション。
キッチンを中心とした間取りへの変更と断熱補強を行いました。

日時:10/21(日) 10時-14時
場所:東京新宿区神楽坂 (東京メトロ 神楽坂駅から徒歩5分)
設計:株式会社 後藤組設計室 後藤 智揮
施工:友伸建設株式会社 現場監督:高橋 雄治
ごも日記:神楽坂の家

見学をご希望の方は、下記のメールアドレスまでお知らせください。
折り返し、ご案内をお送りします。
連絡先:info@510gumi.com(@を小文字に変えてください)

お気軽にお越し下さい。

Category: 神楽坂の家

神楽坂の家 現場監理⑤ 塗装工事

2018.10.5

9/29 雨

午前中、神楽坂の家の施主打合せを兼ねた現場監理を行いました。
少し早めに現場に着いて、枠まわりの色の塗り分け箇所を監督の高橋さんと確認。


現場では塗装屋さんが壁のパテ処理中です。

10時に施主夫妻が来られて打合せ。引渡しまでのスケジュール、
鏡や家具、施主支給品について相談しました。1時間ほどで終了。

10/5 雨

午後4時から現場監理。先週から引き続き塗装工事が行われています。


壁、天井は破砕した卵の殻が入ったヴィーナスコート仕上げです。ほぼ終わりかけです。


建具の浸透性塗料を塗られていました。先週から確認事項がそれほど増えていないため、
家具工事の納まりをきっちり確認してきました。1時間弱で終了し、二子新地に戻りました。

Category: 神楽坂の家

神楽坂の家 現場監理④ 内装 家具 建具工事

2018.9.21

9/1 くもり

神楽坂の家の施主打合せを9時から現場で行いました。
職人さんがGLボンドで石こうボードを貼っています。
その横で夫妻とエアコン機器の最終確認などを行いました。

9/8  晴れ

10時から神楽坂の家の現場監理です。床はフローリングが貼り終わりました。
大工の矢吹さんが中央キッチン周りの壁に羽目板を貼り付け中。ウエスタンレッドシダーです。

工程表を見ながら、引渡しまでの流れを監督の高橋さんと確認。10月下旬引渡しになりそうです。

9/16 くもり

9時から神楽坂の家の施主打合せ。
壁の羽目板が貼り終わり、押入れや洗面所の造作工事も出来ています。
施主夫妻と引き渡し日や施主検査日の設定、ソファなど置き家具の打合せも行いました。

9/21 雨

14時から神楽坂の家の現場監理へ。職人さんが3人でキッチンを取り付け中です。
現場には本棚などの家具が入り、建具の吊り込みやルーバーも取り付けられました。


写真中央がキッチンスペースです。


キッチンの下地には黒いポリ板で出来た箱が使われます。


梁をかわして吊り戸棚やレンジフードを取付けています。

監督の高橋さんとの雑談で「うまい職人さんほど段取りがよく手数が
少ないために、手早く質の高い仕事をする」という話しを聞きました。
職種は違いますが、私もそういう仕事を心がけたいです。

Category: 神楽坂の家
1 2 3 4
ページトップへ