「千代ヶ丘の家」の記事一覧

千代ヶ丘の家 子連れでのショールーム打合せ

2020.9.19

9/19 晴れ

オンラインでの打合せを中心に進めてきた千代ヶ丘の家(木造戸建て住宅の改修)ですが、9月はショールームでの打合せです。9月の1週目の週末はキッチン、3週目の週末はトイレや浴室などをショールームで見て回りました。

子守りをする必要があったので、お施主さんやメーカーに協力いただき、私も3才の娘を連れて、打ち合わせをさせてもらいました。採用予定の設備機器を1時間ほどかけて確認した上で、今月末の見積り依頼へ詰めの打合せを行ないました。

新宿のTOTO東京センターショールームにて。コロナ禍になってから初めて行きましたが、
予約が取れないほど賑わっていました。
採用予定の洗面ボウルを引き出す娘です。
打合せに持参した1/50の模型です。改修設計の場合、1/30で進めることが多いのですが、
今回は規模が大きく1/50で製作しました。今回も模型製作はアルバイトの瀧川さんです。

千代ヶ丘の家 実施設計打合せ(オンライン)

2020.8.15

8/15 晴れ(猛暑日)

10時から千代ヶ丘の家(木造2階建て 改修)の実施設計打合せです。仕様と建具をひととおり確認するのに、図面とスケッチを元に、ZOOMを使ってオンラインで行ないました。仕上げ材の質感や肌触りは次回のキッチン打合せの時に、サンプルで確認します。9月中旬の工務店への見積り依頼を見据えて、実施設計打合せを行なっていきます。

千代ヶ丘の家は2~3週間に一度のペースで打合せを行なっています。お施主さんとは初回に家づくり相談と見学を兼ねて高津の家で会ってからは、PC越しに会っていることになります。これまでのところ、オンラインでの不便さは特になく、事前に打合せ資料を共有したり、移動時間を節約できたりとメリットを感じられることが多くあります。

1階居間のスケッチパース。


ちなみに、今回の改修では長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助金を使えないか検討中です。弊室として、新築での長期優良住宅の認定は経験がありますが、改修は新築で取得するよりも難しそうな印象を受けました。設計と並行してこちらも調べていきます。

令和2年度 長期優良住宅化リフォーム推進事業 交付申請手続き等のHP

千代ヶ丘の家 現地調査

2020.6.4

6/4 晴れ

午前中、新しくスタートしたプロジェクト、千代ヶ丘の家に現地調査に行ってきました。3月に問い合わせいただいたのですが、活動自粛の影響で現地調査がこの時期になってしまってました。

さて、今回は中古戸建ての改修です。事前に図面を頂いていたので、気になったところのみの実測で、じっくり見て回りました。季節がら庭木が伸びている以外は掃除も行き届いていて、このままでも暮らせるくらいにきれいな状態の住宅です。とはいえ、クライアントの暮らし方とのギャップは少なからずあるので、それをどう解消するか検討が必要です。

2時間ほど見て回って、バスで新百合ケ丘へ移動。昼食を食べてから、高津に戻りました。

リビングダイニング。開口部が大きい割に、室内の明るさは抑えめでした。
ページトップへ