「そのた」の記事一覧

「春のいすみツアー」に参加しました。

2019.3.28

先週末、創造系不動産さんが主催された「春のいすみツアー」に参加してきました。

千葉県いすみ市は房総半島の太平洋側にあり、東京駅から特急で70分。10時半に大原駅に集合し、創造系不動産の高橋さん、寺澤さんの案内で事例を見せてもらいました。私以外の参加者もみなさん建築や不動産に関わる方々でした。ツアーではすでに活用されている物件やこれから活用する物件を見て回りました。ちなみに私、いすみ市にはホッケーの試合のため、年に1~2回ほど通っています。


よく晴れて菜の花が満開。いすみ鉄道目当ての乗り鉄、撮り鉄さん(?)たちで賑わってました。


国吉駅に立つ商工会館からみた風景。壮大です。


星空の小さな図書館。オーナーの三星さんに案内していただきました。隣には星空のシェアハウス。


昼食は、星空スペースで三星さんの手作り料理。どれも絶品です。写真奥の「まびき人参」は生で頂きました。


落花生の入ったいすみ米をいただきました。これも美味しい。


元庄屋さんの長屋門。登録文化財でもおかしくない佇まいでした。こちらも新たな計画があるそうです。

ということで、詳しい内容は省きますが、充実した視察ツアーでした。移住した方々の実行力に驚き、また空き家活用の可能性を再認識しました。こうした地方都市、十分にあるストックを活用するプレイヤーをいかに集めるかがポイントのようです。なお、「いすみツアー」は4月、5月も開催されるそうなので、興味のある方は創造系不動産さんのホームページでご確認ください。

創造系不動産

Category: そのた

板橋区 住まいに関する学習講座

2019.3.6

先週末の土曜日は板橋区主催の「住まいに関する学習講座」でした。会場は板橋区立グリーンホール。

テーマである「住まいの選択」について、前半はテーラード・デザイン研究所の飯田さんが、後半は私が担当したセミナーです。私は「建築計画」「住宅の性能」「つくる過程」という観点で、これまでの仕事の中から6例を紹介しました。セミナーの中で多くの質問が出たり、終了後にも直接ご相談に来られた方もいたりと盛り上がったように思います。

参加されたみなさん、板橋区住宅政策課のみなさん、セミナーに誘ってくれた飯田さん、ありがとうございました。このセミナーの準備で、私自身もこれまでのプロジェクトを振り返るいい機会になりました。

2時間という限られた時間でしたので、個別に相談したいという方はメールや電話でお問い合わせください。

Category: そのた

ホームページに「住宅設計の時に考えていること」を掲載

2019.2.7

後藤組設計室のホームページを更新し、「住宅設計の時に考えていること」を載せました。

後藤組設計室のホームページ

Category: そのた

板橋区 住まいに関する学習講座のお知らせ

2019.1.28

板橋区主催の「住まいに関する学習講座」で、後藤が講師を務めます。もうひとりの講師は大学の同級生の飯田さん(テーラードデザイン研究所)です。これまでに手掛けた設計事例を紹介します。ご興味ある方は下記よりお申し込み下さい。板橋区にお住まいの方の優先講座ですが、他の自治体の方も申し込みできます。以下、板橋区HPより転載。

日 時 : 平成31年3月2日(土) 午後2時~午後4時

場 所 : 板橋区立グリーンホール(栄町36-1)

(交通:東武東上線 大山駅徒歩5分または都営三田線 板橋区役所前駅徒歩5分)

内 容 : 「住まい」の選択~あなたの住まい方を見つける事例集~

講 師 :
テーラードデザイン研究所 代表 飯田 智彦
後藤組設計室 室長 後藤 智揮

対 象 : 講座内容に関心のある方

定 員 : 100名(申込先着順)

参加料 : 無料

申込方法: 2月12日(火)朝9時から、お電話またはメールにて受付けます。

住宅政策課 住宅政策推進グループ(03‐3579‐2186)までご連絡ください。

 

Category: そのた

落日荘 見学会+セミナーに参加しました。

2018.10.28

10/28 晴れ

東京建築士会・環境委員会主催の落日荘の見学会+セミナーにスタッフとして参加してきました。

茨城県は石岡を目指して、8時半に二子新地を出発。北千住で乗り換えて、JR常磐線の羽鳥駅に着いたのは11時過ぎ。駅前で集合してから、タクシーで現地へ向かいました。参加者は60人くらいでしょうか。現地到着後、岩崎駿介さんにご挨拶をしてから見学させてもらいました。

落日荘は岩崎さん夫妻でつくられた終の住処です。敷地選びからはじめて、セルフビルドで20年の歳月をかけてご夫妻でここまでつくりあげました。西にある足尾山、筑波山、加波山に向かっての配置計画(門を中心にして離れ(写真左)、母屋(写真右)です。足尾山に向かう軸線やコの字の配置計画は、寺院や美術館にも通ずるシンプルな普遍性があると思いました。


居間。写真右側の掃き出し窓から、足尾山が眺められます。
窓周りは居間のレベルから1段下がって、木製サッシが取り付けられています。手前には障子がり、温熱負荷を軽減しつつ、40cmほどの植物のバッファー空間にもなります。


台所から食堂の眺め。居間より一段上がって、連続して繋がっています。


階段室。コンクリートをハツってつくった中にある階段。室内床は外部と同レベル。


2Fは展示スペースが広がっていますその脇にある本棚の並ぶ回廊。奥が居間や食堂の吹き抜けです。

12時半頃から離れで岩崎さんによるセミナー。岩崎夫妻のここに至るまでの経緯を振り返りつつ、日本や世界各地で見てきた社会に対する考え方を話されました。いい建築を創るには思想が必要、と言われていたのが印象的でした。


14時頃から再び見学。岩崎さんを囲む見学者たち。


こちらがセルフビルドを支える作業場。自分で手を動かしながらその都度、その場で1/1で考えることで空間の密度が高まっていったのでは、と思います。

15時過ぎから8つのテーマについて、グループ別のワークショップを行いました。天気がよかったので中庭で。私も1つのグループでファシリテーターを務め、『建築の未来』について議論しました。


発表後、岩崎さんによるコメントをいただいて、見学会+セミナーは終了。
落日荘、あらかじめ聴いていた通りの素晴らしい建築でした。おおらかな建築でありながら、岩崎夫妻の強い意思もひしひしと感じました。


夕日が沈みます。17時40分頃、往路と同じようにタクシーに乗車して解散です。

その日は水戸駅近くのホテルレイクビュー水戸の和室に宿泊。子連れにはちょうどよいホテルでした。娘は部屋の中でグルグルと楽しそうに小走りしていました。


翌、日曜日もよく晴れたので、偕楽園まで歩いていきました。


好文邸を見学。3年前に来て以来。今回は妻と娘も一緒です。やはり見応えあります。


うづくりの縁側。掃除は大変かもしれませんが、歩いていて、気持ちがよいです。


西塗り縁。


2Fの楽寿楼。
少し前に、ブログを見た方から好文亭の写真を出版物に使わせ欲しいと連絡を頂きました。公園事務局にも許可が取れたそうなので私も快諾。年内に出版されるそうです

さて、バスで水戸駅へ移動してから、勝田駅を経由してひたち海浜公園へ向かいました。妻のリクエストで、見頃を迎えたコキアを観に行くことに。月曜日なのにバスは満席。外国から来られた方が多い印象です。


ひたち海浜公園のエントランスゲート。ここから目的のコキアまでは歩いて20分くらい。かなり広いです。


娘はレトロなベビーカーで移動。駅弁を広げて、ベンチで昼食です。


手前がコスモス。奥がコキアです。


10月末でしたがよく晴れてなかなかの暑さでした。14時前に園出発のバスに乗り、14時半頃の特急で東京へ。娘もすっかり疲れようで、爆睡でした。18時前に二子新地に戻りました。

Category: そのた
1 2 3 4 5 6 17
ページトップへ